第10回岩美現代美術展は大谷海岸に麒麟獅子が現る!

目安時間:約 4分

『語り継がれるということ』にちなんで創り手さん募集(お子様大歓迎)の情報のシェアです。

 

岩美現代美術展が8月5日から21日まで開催され、今年は第10回目を迎えます。建築家・アーティストの方々をお招きしアーティスト・イン・レジデンス(現地滞在型制作)により大谷海岸にて一緒に作品作りをし、展示されます

スポンサーリンク

第10回岩美現代美術展は大谷海岸に麒麟獅子が現る!

岩美町の風土や自然、人々との交流を通して作品を制作・公開。その作品作りを7月30日から一緒にしてくださる方を募集されていまして、海水浴がてらお子様のご参加も大歓迎だそうです。

地元の資源や廃材などを使って海岸で目を惹く大きなオブジェを創作予定で、わみガイドクラブでも一部のメンバーが携わり、地元の資源を調達するため、(ガイドクラブらしいお手伝い♩)

 

原案を拝見しましたところ、因幡にちなんだ素晴らしい作品になることが想像でき、準備する立場の時からも完成が楽しみです。

 

プロと共作する機会は滅多と無く、岩美町にちなんだ大きな作品作りに携わることはお子様にとっても良い体験になると思いますので夏休みの予定候補にオススメです。会場は大谷海岸なので、海水浴にお出かけの際のお立ちより、見学のみも良いですね。

 

もちろん大人の方の手もあるととても頼もしいです。

第10回岩美現代美術展

 

野外制作・展示 「語り継がれるということ-麒麟獅子-」

  • 期間:7月30日(日)~8月11日(金)
  • 時間:9時から11時 15時から17時
  • 場所:大谷海岸
  • 8月5日(土)には大谷の麒麟獅子が舞う披露イベントを開催

 

シンポジウム「地域における現代美術の可能性」

  • 日時:平成29年8月5日(土) 14:00~16:00
  • 場所:岩美中央公民館講堂
    <1部>基調講演「建築と〇〇の共生」 講師:團紀彦氏
    <2部>パネルディスカッション  パネリスト:團紀彦氏、栩山孝氏、山本修司氏、進行:三浦努氏(鳥取県立博物館主幹学芸員)

 

展覧会

  • 日時:平成29年8月5日(土)~8月21日(月) 10:00~17:00
  • 場所:Studio652(旧岩美病院)
  • 内容:招聘アーティスト5名の作品を展示

 

招聘者

  • 團 紀彦氏
  • 針谷 賢氏
  • 平田 良之氏(建築家)
  • 栩山 孝氏
  • 山本 修司氏(現代美術作家)

 

詳細は 第10回岩美現代美術展 をご確認ください。

 

大谷海岸は山陰海岸ジオパークトレイルコース上にもあり、岩石や地質の学習の場にもなっています。ガイドクラブでもご案内することもありよく訪れる海岸です。

 

⇒ 大谷海岸の水冷自破砕溶岩

 

と同時に、岩美キッズトライアスロン全国大会の会場となっています。遠浅で比較的波が大きくなりにくい場所で地元の方の海水浴場になっています。

 

大人も子供も楽しめる大谷海岸で開催される現代美術展の野外制作、ぜひ足をお運びください。ちなみに釣りスポットでもあるようです。


このブログでは、岩美町在住でいわみガイドクラブに在籍しているスタッフの個人的思考を兼ねた投稿をしており、 個人的な発言や嗜好などを盛り込んでおり

ガイドのお客様や各イベントに参加された方の思い出を刻み読み返していただくことや学習の復習レポートとしてもご覧頂いております。

単なる岩美好きスタッフが岩美町をもっと知っていただき好きになってもらいたく難しい言葉や専門用語などを使わずに気軽に読んでいただける仕様となっておりますので、

専門的な山陰海岸ジオパークの事や歴史学習に関しては公式HPでご確認ください ※いわみガイドクラブで調査し記載している内容や写真の無断転載は禁止しております

いわみガイドクラブの情報をいいね!でチェック

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

岩美観光ガイドブログについて

このブログは岩美町が大好きで浦富海岸を散歩しているうちに、岩美町をもっと歩いてもっと知りたい!いろんな方を案内したいというキッカケから始まり運営しております。
⇒ このブログについての詳細

⇒ ガイドクラブの新規会員について

岩美町の観光ガイドに関して
⇒ 公式サイトはこちら


ブログメニュー






カテゴリ
本日よく読まれてる記事

まだデータがありません。

最新の投稿
登山・スポーツグッズ
キーワードで情報を探す
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ