岩美現代美術展・大谷麒麟獅子保存会の演舞

目安時間:約 4分

8月5日、第10回岩美現代美術展のシンポジウムが行われ、その後大谷海岸にて、野外制作の麒麟獅子のお披露目と、大谷麒麟獅子保存会の皆様の演舞がありました。

 

麒麟獅子保存会の皆様の想いと作家さんの想いが入り混じり、感極まりました。携わる皆さまがお互いに『ありがとうございます』と言えるイベントにお手伝いとして携わることができ本当に良かったと感じています。

スポンサーリンク

岩美現代美術展・大谷麒麟獅子保存会の演舞

夕暮れの美しい大谷海岸に真っ赤な麒麟獅子が。


地に這う麒麟獅子の舞は大谷麒麟獅子の特徴です

大谷麒麟獅子保存会の皆様!

歴史をついで、若い方が麒麟獅子の文化を守っていらして、10代の青年ともお話しましたが演舞に対する探究・努力、自分の意志でやっているという強さを知り、

 

これからいわみガイドクラブとしても今回の岩美現代美術展のテーマでもある『語り継ぐということ』に何かしらで携わっていくことができればと感じました。

 

作家さんが制作した麒麟獅子とともに。


作家さんは制作前に大谷麒麟獅子保存会の方とお話をし思いや歴史伝統をリサーチ・ヒアリングされた上で、designをされました。地元の方のことを思い、岩美にある物に魂を吹き込んでくださりました。ありがとうございます。

麒麟獅子に頭をかんでもらう麒麟獅子。

シンポジウムの講師・世界的建築家、團紀彦先生

 

ブログ用に写真を軽くしているため、粗い部分もございますが、いわみガイドクラブフェイスブックページに写真をアップしています。

 

麒麟獅子に頭をかんでもらおう!


岩美町の資材や廃材を利用し野外制作していただいた麒麟獅子、アーティストさんのアイデアにより口と目が動き、頭を噛んでもらった子供は健康に育つ・長生きするという縁起の良いいわれを再現していただきました。

 

麒麟獅子の動きを動画でご確認ください。

※保護者の方に許可を頂き掲載しています。

岩美現代美術展

 

展覧会
日時:平成29年8月5日(土)~8月21日(月) 10:00~17:00
場所:Studio652(旧岩美病院)
内容:招聘アーティスト5名の作品を展示します

 

野外制作・展示 「語り継がれるということ-麒麟獅子-」
期間:7月30日(日)~8月11日(金)
場所:大谷海岸
内容:招聘アーティスト4名が砂浜で「麒麟獅子」をテーマに、地元有志の方々や地域の子どもたちと一緒に野外アート作品を協同制作

 

台風の進路などにより野外展示は早期終了することもございます。



このブログでは、岩美町在住でいわみガイドクラブに在籍しているスタッフの個人的思考を兼ねた投稿をしており、 個人的な発言や嗜好などを盛り込んでおり

ガイドのお客様や各イベントに参加された方の思い出を刻み読み返していただくことや学習の復習レポートとしてもご覧頂いております。

単なる岩美好きスタッフが岩美町をもっと知っていただき好きになってもらいたく難しい言葉や専門用語などを使わずに気軽に読んでいただける仕様となっておりますので、

専門的な山陰海岸ジオパークの事や歴史学習に関しては公式HPでご確認ください ※いわみガイドクラブで調査し記載している内容や写真の無断転載は禁止しております

いわみガイドクラブの情報をいいね!でチェック

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

岩美観光ガイドブログについて

このブログは岩美町が大好きで浦富海岸を散歩しているうちに、岩美町をもっと歩いてもっと知りたい!いろんな方を案内したいというキッカケから始まり運営しております。
⇒ このブログについての詳細

⇒ ガイドクラブの新規会員について

岩美町の観光ガイドに関して
⇒ 公式サイトは http://www.iwami-guide.com/


ブログメニュー






カテゴリ
本日よく読まれてる記事
最新の投稿
登山・スポーツグッズ
キーワードで情報を探す
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ