山陰海岸ジオパーク観光名所の城原海岸にある菜種五島の由来

目安時間:約 2分

こんにちは。いわみガイドクラブです。

 

写真は山陰海岸ジオパークの観光名所でもある城原海岸で、見える島々は菜種五島と言います。

 

以前は1つの半島でしたが長い月日の波の浸食により、半島に洞窟ができ、洞窟が洞門になり、最終的に今の5つの離れ島になりました。今も浸食は進んでいます。

 

そこで、なぜ菜種五島と呼ばれるかと言いますと…

スポンサーリンク

山陰海岸ジオパーク観光名所の城原海岸にある菜種五島の由来

江戸時代に日本海沖で菜種を積んだ北前船が座礁し、その際に菜種が1番海側の大きな島に漂着し菜種の花が咲き、そこで菜種が花を咲かせる島を【菜種島】と名付けられたということです。

周囲約400m、高さ60mの菜種島から続きミサゴ島・北門島・中門島・南門島となりました。

 

自生している日本の菜種の花は希少価値があり絶やさないように毎年見守るのですが、やはり厳しい日本海の環境にさらされることにより減ってきています。

 

4月2日にガイドクラブメンバーが菜種の開花を少し確認することができたようで写真をもらいました。


見頃はあと1週間後くらいかな(4月中旬)とのことです。限られた期間の希少な風景をぜひ観光されてください^^

城原海岸 菜種五島
〒681-0071 鳥取県岩美郡 岩美町田後
城原海岸県営駐車場から展望台から観光、

もしくは左に進みトレイルへの入り口階段を下ると海岸に降りることができます。

 


>>岩美町での体験メニュー予約もできる日本最大級のレジャー総合情報サイト<<

このブログでは、岩美町在住でいわみガイドクラブに在籍しているスタッフの個人的思考を兼ねた投稿をしており、 個人的な発言や嗜好などを盛り込んでおり

ガイドのお客様や各イベントに参加された方の思い出を刻み読み返していただくことや学習の復習レポートとしてもご覧頂いております。

単なる岩美好きスタッフが岩美町をもっと知っていただき好きになってもらいたく難しい言葉や専門用語などを使わずに気軽に読んでいただける仕様となっておりますので、

専門的な山陰海岸ジオパークの事や歴史学習に関しては公式HPでご確認ください

※いわみガイドクラブで調査し記載している内容や写真の無断転載は禁止しております

いわみガイドクラブの情報をいいね!でチェック

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

岩美観光ガイドブログについて

このブログは岩美町が大好きで浦富海岸を散歩しているうちに、岩美町をもっと歩いてもっと知りたい!いろんな方を案内したいというキッカケから始まり運営しております。
⇒ このブログについての詳細

⇒ ガイドクラブの新規会員について

岩美町の観光ガイドに関して
⇒ 公式サイトは http://www.iwami-guide.com/
ブログメニュー






カテゴリ
本日よく読まれてる記事
最新の投稿
登山・スポーツグッズ
キーワードで情報を探す
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ