鳥取摩尼山の福部箭溪登山口に咲くシャガの花言葉

目安時間:約 5分

鳥取県の摩尼山はいくつかの登山口があり、 鳥取県鳥取市福部町箭溪(やだに)にも登山口があります

 

福部町箭溪集落に入り、看板沿いに沿って歩いて行くと川沿いの道に当たりますのでその左側を登っていくと摩尼寺にいけるルートで、その道中にも野草が咲いています。

 

その中で4月になると綺麗に咲き乱れるのが『シャガ』『たちつぼすみれ』そして『梨の花』も…その中でも印象的なシャガの花を調べると花言葉が意外と興味深く…

スポンサーリンク

鳥取摩尼山の福部箭溪登山口に咲くシャガの花言葉

摩尼寺に向かう川沿いや山すそに沢山咲いていました。

これがシャガの花です。シャカとも言われるようですが、花名としてはシャガで原産地の中国でヒオウギと書く『射干』を日本読みでシャガといわれるのが名前の由来の一つですが、著莪、胡蝶花とも書かれ、山陰地方だけではなく日本全国で咲きます。

 

花はアヤメ属で、何枚かの花びらが扇のように広がる形のヒオウギ『射干』と葉っぱが似ているから間違えて名づけられシャガという説もあるようです。花の名前の由来は色々あるので知っておくと面白いですし、学者ではないので…ご自身の感じた答えで良いのではないかと思います。

 

ここで、、、シャガの花言葉でなにが興味深いかというと、、、

 

シャガの花言葉は『反抗』『私を認めて』『友人が多い』『忍耐』

なのですが、その理由が、

 

日本のアヤメ属の他の花とまったく違った生態で常緑であり、日陰を好み種ができないこと(反抗)、アヤメ属で唯一違った生態でも日陰で大きく咲き乱れる主張(私を認めて・忍耐)、ランナーを伸ばして群生するから(友人が多い)といわれるようです。

 

そういう風にシャガを見ると、、、確かに。川沿いで見たシャガの群落は主張が凄いのでなんだか可愛さが増します。

人間世界でも、自分は違う意思を持っているけど、社会にルールに縛られているが為に息苦しさを感じて人の輪から離れてでもじっと陰でコツコツ自分の道を貫く人もいます。その中で同じ価値観の人が集まる・・・

 

そういった方はシャガの花に愛情がわくかもしれないなっと思いました。はいっ、完全に私の得意とする勝手な妄想モードです。

 

 

花言葉の由来って凄く面白くて、水仙の花言葉の『自己愛・うぬぼれ・エゴイズム』の由来もかなり面白いですよ。なぜ少しうつむいて咲いているのか?がね・・・・・・

 

ギリシャ神話からなのですが、割愛して簡単に言うと、ナルキッソスという美少年がいて、女性から求愛される日々でナルキッソス自身も自分の美しさを鼻にかけ、高慢な態度で決してナルキッソスから女性を愛することはなかったようで…

 

その態度に怒った女神ネメシスが、自分自身しか愛せないような呪いを掛け、水面に映る自分を見ているうちに好きになりすぎて食事も摂れなくなりやがて水仙の花になったという説があるのです。

 

正面から撮りたかったのでまっすぐな水仙を探したものですが、少し下から映しているのがわかりますか?そして全体的に後ろの花も若干うつむいていますよね。太陽のほうを向いている事は向いているのですが…。

これを聞いて水仙を見るとナルキッソスが沢山いるようでニヤニヤしてしまうスタッフKでした。水仙の黄色の花言葉はその他、『もう一度愛してほしい』もあります。

 

と話がそれましたが、摩尼寺がある摩尼山の福部町箭溪(やだに)登山口付近には梨園もあり4月には梨の花が見られます。個人の敷地なので侵入しないように気を付けて下さい。

摩尼寺へ向かう摩尼山登山については別で記載します。


>>岩美町での体験メニュー予約もできる日本最大級のレジャー総合情報サイト<<

このブログでは、岩美町在住でいわみガイドクラブに在籍しているスタッフの個人的思考を兼ねた投稿をしており、 個人的な発言や嗜好などを盛り込んでおり

ガイドのお客様や各イベントに参加された方の思い出を刻み読み返していただくことや学習の復習レポートとしてもご覧頂いております。

単なる岩美好きスタッフが岩美町をもっと知っていただき好きになってもらいたく難しい言葉や専門用語などを使わずに気軽に読んでいただける仕様となっておりますので、

専門的な山陰海岸ジオパークの事や歴史学習に関しては公式HPでご確認ください

※いわみガイドクラブで調査し記載している内容や写真の無断転載は禁止しております

いわみガイドクラブの情報をいいね!でチェック

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

岩美観光ガイドブログについて

このブログは岩美町が大好きで浦富海岸を散歩しているうちに、岩美町をもっと歩いてもっと知りたい!いろんな方を案内したいというキッカケから始まり運営しております。
⇒ このブログについての詳細

⇒ ガイドクラブの新規会員について

岩美町の観光ガイドに関して
⇒ 公式サイトは http://www.iwami-guide.com/
ブログメニュー






カテゴリ
本日よく読まれてる記事
最新の投稿
登山・スポーツグッズ
キーワードで情報を探す
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ