岩美高校1年生の山陰海岸ジオパーク学習ガイドとして参加2018

目安時間:約 2分

本日9月7日、毎年恒例の 鳥取県立岩美高等学校の1年生の山陰海岸ジオパーク学習にて、ガイドとして数名参加いたしました。

 

歩いた場所は鴨ヶ磯から城原海岸の間です。

スポンサーリンク

岩美高校1年生の山陰海岸ジオパーク学習ガイドとして参加

出発場所は鴨ヶ磯の展望台からです。

360段の階段を降りると、ひぐらし洞門がある場所へ降り立ちます。

太郎兵衛島や水尻洞門、ノッチなどを目視することができる小鴨ヶ磯~椿谷~大鴨ヶ磯~植物は秋の花に変わりつつあり…もう花の時期は過ぎましたがナミキソウも少~し確認できたり、また、女性ウケがいいのは山葡萄のパステルの実。食べれませんが可愛い色で観るだけとして楽しむこともできますね。

 

 

酒宴洞門をすぎるときつい勾配でアップして、角島や菜種五島などを観ながら城原海岸へ降り立ちます。

 

花崗岩の礫からなる礫浜と石英砂の砂浜からなる海岸を歩きながらジオパークの成り立ち、岩の浸食、歴史、植物生態など解説しました。

 

午後からは生徒さんと先生方で 浦富海岸島めぐり遊覧船 にて海からの学習です。皆様が歩いた場所を船から確認する事ができます。

 

 

岩美高校1年生の皆様、先生や関係者の方々、貴重な授業に携わる事ができることで、いわみガイドクラブも日々の学習の励みになります。ありがとうございます。


 

また、この9月に、台風や地震など各地、自然災害にて被災されている地域の方の一日も早い復旧をお祈りしています。



このブログでは、岩美町在住でいわみガイドクラブに在籍しているスタッフの個人的思考を兼ねた投稿をしており、 個人的な発言や嗜好などを盛り込んでおり

ガイドのお客様や各イベントに参加された方の思い出を刻み読み返していただくことや学習の復習レポートとしてもご覧頂いております。

単なる岩美好きスタッフが岩美町をもっと知っていただき好きになってもらいたく難しい言葉や専門用語などを使わずに気軽に読んでいただける仕様となっておりますので、

専門的な山陰海岸ジオパークの事や歴史学習に関しては公式HPでご確認ください ※いわみガイドクラブで調査し記載している内容や写真の無断転載は禁止しております

いわみガイドクラブの情報をいいね!でチェック

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

岩美観光ガイドブログについて

このブログは岩美町が大好きで浦富海岸を散歩しているうちに、岩美町をもっと歩いてもっと知りたい!いろんな方を案内したいというキッカケから始まり運営しております。
⇒ このブログについての詳細

⇒ ガイドクラブの新規会員について

岩美町の観光ガイドに関して
⇒ 公式サイトは http://www.iwami-guide.com/


ブログメニュー






カテゴリ
本日よく読まれてる記事
最新の投稿
登山・スポーツグッズ
キーワードで情報を探す
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ