女性一人旅・岩美観光~山陰海岸ジオパークトレイルを歩く

目安時間:約 6分

女性の一人旅で、山陰海岸ジオパークを歩くガイドとして、浦富海岸から城原海岸〜鴨ヶ磯~浦富海岸島めぐり遊覧船までご一緒しました。

 

ガイドスタート地点は、シーサイドうらどめの駐車場からで、待ち合わせ前に海でSUPをされてる方を眺めていました。

 

本日のプランはお一人様旅で、お客様の体力に合わせて歩けるところまで歩こうというゆったりプランです。

スポンサーリンク

女性一人旅・岩美観光~山陰海岸ジオパークトレイルを歩く

シーサイドうらどめから西へ向かい、荒砂神社に行きました。荒砂神社にある展望台の景観を見て感動されていたので、

 

『私は普段仕事で脳みそが凝り固まったらココでコーヒー飲むんです』といったら、『わかる~海って本当に気持ちがスッとするよね。』と女性トークで共感しあいました。

浦富海岸に浮かぶ向島にある神社は恵比須神社です。

 

続いて田後漁港へ向かい、田後集落を歩きながら、ここは川だったんです。などと集落の説明しながらひたすら登って城原海岸へ。

岩美町に来たのは初めてのようで、凄く感動されていました。個人的には快晴ならもっと美しいのですが、、、透明度の高い水質と島々を綺麗だ綺麗だ!と言っていただき、ガイドする人間としてうれしかったです。

 

城原海岸に下りると、SUPやクリアカヌーのアクティビティーを楽しまれている方がいました。

 

海岸でのマリンスポーツは岩美町立 渚交流館、岩美観光協会などからお申し込みができます。カヌーやSUP、カヤックのガイドツアーや、ダイビング体験、シュノーケルグッズのレンタルなども行われています。

 

 

城原海岸にてしばし菜種五島の成り立ちや、地形の変化について解説したあとに、今日は水が引いていたので、角島のあたりも浜からまわって近くで見れました。

 

つづいてトレイルウォークに入ります。

登ったあとのご褒美に海が要所要所で見えるのがお勧めです♪

鴨ケ磯。

 

山陰海岸ジオパーク沿いでは春の花も咲き始めましたが、ガイドに注力していたので写真をあまり撮影していません。唯一撮影したのがタニウツギです。

道路沿いにも咲いているのでご覧になってください。

 

花言葉は『豊麗』『豊かな美しさ』ですが、山火事のように見えるくらい美しく咲くので、彼岸花同様、自宅に飾るなどは縁起が悪いとされる事もあるようです。美しさのあまりそういう言い伝えが生まれかわいそうですね。

 

話は戻りまして、今回のガイドはお客様のペースに合わせてというプランでしたので、浦富海岸島めぐり遊覧船までいき、お客様は遊覧船に乗るという事で、そこでガイドを終了しました。

 

浦富海岸島めぐり遊覧船はトレイルウォークのエイドステーション

浦富海岸島めぐり遊覧船についたあと、早速疲労回復に、

イカ墨ソフトクリームを食べました。この甘さと冷たさが、トレイルを歩いて汗をかいたあとの身に染みるのです(笑)

 

そしてイカ一杯から1つしか獲れない貴重なイカのくちばし。これを甘辛煮にして販売されているものを食べ栄養補給。

貴重な部位の珍味。歯ごたえもあり美味しいです。販売されていない事もあるので見つけたときがチャンスです。

このように山陰海岸ジオパークトレイルを浦富海岸側から歩く際の程よい距離にある浦富海岸島めぐり遊覧船では、ランチのほか、アゴカツバーガーなどの軽食もありますのでエイドステーションとしても、歩いた〆に、船から海岸を見るのもお勧めです。

 

そうこうしているうちにお客様が遊覧船から戻ってこられ、

『船から自分が歩いてきた道を見たら実際に歩いた甲斐があった!』

とおっしゃっていただけて歩く側として嬉しい言葉でした。

 

山陰松島遊覧株式会社

鳥取県岩美郡岩美町大谷2182
TEL : 0857(73)1212
FAX : 0857(73)1261
浦富海岸島めぐり遊覧船HP

 

2日目⇒ 女性一人旅岩美観光続編・東浜海岸までゆったり歩く

 

いわみガイドクラブでは一人旅のガイドも承っております。お客様の体力に合わせて臨機応変に対応しますので体力に不安がある方や、トレイルを踏破する目的で解説無しで道だけを知りたい方などさまざまなご要望を取り入れてプランニングしますのでお気軽に相談下さい。


>>岩美町での体験メニュー予約もできる日本最大級のレジャー総合情報サイト<<

このブログでは、岩美町在住でいわみガイドクラブに在籍しているスタッフの個人的思考を兼ねた投稿をしており、 個人的な発言や嗜好などを盛り込んでおり

ガイドのお客様や各イベントに参加された方の思い出を刻み読み返していただくことや学習の復習レポートとしてもご覧頂いております。

単なる岩美好きスタッフが岩美町をもっと知っていただき好きになってもらいたく難しい言葉や専門用語などを使わずに気軽に読んでいただける仕様となっておりますので、

専門的な山陰海岸ジオパークの事や歴史学習に関しては公式HPでご確認ください

※いわみガイドクラブで調査し記載している内容や写真の無断転載は禁止しております

いわみガイドクラブの情報をいいね!でチェック

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

岩美観光ガイドブログについて

このブログは岩美町が大好きで浦富海岸を散歩しているうちに、岩美町をもっと歩いてもっと知りたい!いろんな方を案内したいというキッカケから始まり運営しております。
⇒ このブログについての詳細

⇒ ガイドクラブの新規会員について

岩美町の観光ガイドに関して
⇒ 公式サイトは http://www.iwami-guide.com/
ブログメニュー






カテゴリ
本日よく読まれてる記事
最新の投稿
登山・スポーツグッズ
キーワードで情報を探す
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ