岩美町まち歩き・顕彰碑と三上兵庫頭の宝篋印塔を訪ねて

目安時間:約 5分

岩美町の人物の歴史を学ぶまち歩きとして、本庄の顕彰碑、三上兵庫頭の宝篋印塔、旧国道9号線を訪ねました。

 

岩美町の歴史に興味がある方や出身地の方、地元の方々には大変興味深いコースになります。

スポンサーリンク

岩美町まち歩き・顕彰碑と三上兵庫頭の宝篋印塔を訪ねて


岩美町を東西に走る国道9号線が新しくなり、今の若い方には旧道を知らない人もいらっしゃると思います。以前はこの坂を下り踏切を越えて…この狭い道を車が行き来していたのか…と思うと、今の道路は大変便利で安全だなと感じますね。

 

本庄地区の国道9号線沿いには顕彰碑が2つあります。

 

医師・小畑義次氏の顕彰碑

美方郡出身の方で本庄地区で病院を開業されていて、地域の方々の命を救ってきました。名医という評判と信頼が高く、但馬地方からも患者さんが来ていたそうです。

※祖父は幕末から明治時代の絵師であり鳥取藩最後の藩絵師の小畑稲升氏です。

 

岩美町商工会設立をした参議院議員・吉田達男の顕彰碑

  • 岩美町商工会を設立し会員への経営指導員や事務局長をする
  • 1967年鳥取県議会議員に5選
  • 1989年第15回参議院議員通常選挙で鳥取選挙区から無所属で立候補して当選
  • 1996年岩美町長に当選

 

二上城~道竹城主の三上兵庫頭の宝篋印塔


二上城主の山名氏六代勝豊の時、諸般の情勢から文政6年(1466)に治所を鳥取の湖山池のほとりの布施に天神山城に移したことにより、二上城には城主断絶してしまいました。

 

そのことにより近辺の武士が二上山に押しかけて乱暴をするので岩常(二上山近辺の地名)の村人たちが困り果て、当時の村長小谷次郎氏が代表になり、但馬の守護山名氏を頼って山名氏六代勝豊の弟である、出石城下宗鏡寺の住持となっていた東揚蔵王を還俗させ、三上兵庫頭豊範と名乗らせて二上山の城主として迎え入れることができました。

 

布施の城主の弟なので互いに助け合える関係にあり、国の中に争いが減り、静穏に還ることができるのですが…

 

しかし…三上兵庫頭は、二上城が高く、道が険しくて不便だということで、岩常の人たちの歓迎後、間もなく新井の後山に道竹城を築き、移ってしまったのです。

 

道竹城に移ってから、鳥取久松山城にいた布施の高臣高田孝信の一族で武勇の優れた武田源五郎という部下がつくことで三上兵庫頭と武田源五郎が信頼関係を築いていることを、但馬から二上城に連れてきた長臣夫妻土佐守は快くないと思い、天神城主の山名氏六代豊数の家来となって内通をし、道竹城を攻めることになりました。

 

その時に、三上兵庫頭が打って出て、本庄の田の中に逃げ込んだ時に、馬の脚が稲に絡まってしまったことで落馬をし、万事休すの状態になり討死したと言われています。

その時、三上兵庫頭の内室は妊娠をしており、駟馳山の山麓に逃げましたが、夫の討死を知り自害しました。そのことから里の人たちは、子持ち御前の墓と称しれ五輪塔を祀ったとされています。そして、三上兵庫頭の部下でもあった武田源五郎の墓も50mほど東の道竹城の後麓の林の中に五輪塔があります。

 

歴史というのは様々ないわれがあり、書籍で知ること以外に現地の言い伝えから知ることなど色んな方面からの見方ができますのですべての情報が100%正しいと言いにくい事もあります。

 

岩美の歴史などに関する書籍や資料などは岩美町立図書館にもありますので活用してください。現地を観ながら深めたい、という方向けのまち歩きガイドに関することはいわみガイドクラブでも承ります。

 

⇒ お問い合わせはこちらから

 

小幡義次氏・吉田達男氏の顕彰碑
鳥取県岩美郡岩美町本庄
国道9号線沿い、目印は四季の花の建物の西側に小幡義次氏の顕彰碑、そのまま西に進み大岩駅との間に吉田達男氏の顕彰碑があります。

三上兵庫頭の宝篋印塔
鳥取県岩美郡岩美町本庄~新井の田園地帯の中にあります。個人の敷地ですので中には絶対に入らないようにしてください。



このブログでは、岩美町在住でいわみガイドクラブに在籍しているスタッフの個人的思考を兼ねた投稿をしており、 個人的な発言や嗜好などを盛り込んでおり

ガイドのお客様や各イベントに参加された方の思い出を刻み読み返していただくことや学習の復習レポートとしてもご覧頂いております。

単なる岩美好きスタッフが岩美町をもっと知っていただき好きになってもらいたく難しい言葉や専門用語などを使わずに気軽に読んでいただける仕様となっておりますので、

専門的な山陰海岸ジオパークの事や歴史学習に関しては公式HPでご確認ください ※いわみガイドクラブで調査し記載している内容や写真の無断転載は禁止しております

いわみガイドクラブの情報をいいね!でチェック

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

岩美観光ガイドブログについて

このブログは岩美町が大好きで浦富海岸を散歩しているうちに、岩美町をもっと歩いてもっと知りたい!いろんな方を案内したいというキッカケから始まり運営しております。
⇒ このブログについての詳細

⇒ ガイドクラブの新規会員について

岩美町の観光ガイドに関して
⇒ 公式サイトは http://www.iwami-guide.com/


ブログメニュー






カテゴリ
本日よく読まれてる記事
最新の投稿
登山・スポーツグッズ
キーワードで情報を探す
タグ
アーカイブ

ページの先頭へ