オカヒジキ戻って来い来いプロジェクト2018

オカヒジキ戻ってこいこいプロジェクトについて

熊井浜の本来の自然生態を守る為に始まったこのプロジェクト、熊井浜の自然をおびやかすオニハマダイコンを駆除し重量を計測し、在来種のオカヒジキの生息株数を計測して効果を検証しています。

コロナウイルスの感染防止のため、いわみガイドクラブも活動をお休みしておりましたが、鳥取県では、鳥取型「新しい生活様式」に基づき様々な活動が再開し始めていることも含め、

毎年続けている活動で、植物の成長を考えると同じ時期でないと継続の意味がないだろうということで、急遽実施することにしました。

今年は、あまり広範囲に実施を告知しないで行う予定で、ポスター等は作りませんでしたが、WEB告知のみいたします。

ソーシャルディスタンスを充分に保ち、「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」における熱中症予防を守り開催しますのでご協力よろしくお願い申し上げます。

鳥取式新しい生活様式については岩美町ホームページに記載されています。

第6回オカヒジキ戻ってこいこいプロジェクト@熊井浜

期日 6月7日(日) 9:00~12:00

集合 羽尾トンネル西、駐車場 9:00

内容 オニハマダイコンの除去、オカヒジキの保護(植生数確認)
    ゴミ拾い
    植物観察

持物 飲物/手袋等

目的 熊井浜には、オカヒジキなど、昔からこの環境で生きてきた海浜植物が生育しています。しかし、近年、北アメリカ原産の外来植物であるオニハマダイコンが繁殖し、熊井浜特有の植物の生育量が減少しています。そこで、オニハマダイコンを除去することで、オカヒジキなど代表される、熊井浜本来の植物が、ゆっくりと戻ってくるための手助けプロジェクトを行います。

第5回目のレポートも併せてご覧ください
2019第5回おかひじき戻ってこいこいプロジェクト開催レポート
  追記・第6回レポート
第6回オカヒジキ戻ってこいこいプロジェクトin熊井浜開催レポート